自然素材や健康住宅、暮らし方など家全般について、その他気になった事を書いていきます。


野村総研研究所のデータでは、日本人の景況感が回復に転じているそうです。

1万人アンケートで、2012年は5.7%に対して11.6%に上昇しています。

今回大きな変化は、購入する際に安さよりも利便性を重視する「利便性消費」。37%から43%に上昇だそう。

また、「プレミアム消費」(自分が気に入った付加価値には対価を払う)は横ばい。

原因は、スマートフォンの普及、共働きが増えた事、インターネットでの商品購入が増えている事だとか?


やっぱり人々に余裕が出てくると利便性に走ります。まぁ、一度インターネットで購入するとやめられないですね。買い物に行く時間が短縮されるし交通費もかからないわけですものね。

インターネットの発展は自給自足の社会へ確実に貢献しています。あとはエネルギー確保する術を早く確立したいですね。どこか南国の孤島で楽に暮らせるようにしたいもんです。






それと、最近気になるのは、家の中に植物をおく家庭が増えているそうです。自宅に植物を置いている家庭は64.5%、室内は39.5%。


確実に意識が変わってきています。
多肉植物が今ブームだそうです。
この前行ったLOHASフェスタでは多肉植物屋さんがいっぱい来てました。 d0025668_19353759