アレルギーゼロの住まいをめざす

健康住宅デザイン情報局

健康住宅、シックハウスや環境病の情報など。たまにプライベートの近況も。”アレルギーゼロの住まいをめざす<健康住宅デザイン工房>” https://www.kenkoujyutaku-dk.com/

和室。

とにかく和室の畳はCSの方にはよくありません。防腐剤、防カビ剤
などが入っている為、なんとかしたいというご要望が多いようです。

当社の和室リフォームは根太方式で無垢杉板を使う事が結構多いです。

それも天然乾燥のものでないとダメです。根太も同じく天然乾燥材。
接着剤は膠を使ったりステンレス釘だけの場合もあります。
それとビニールシートと活性炭シートも間に敷くようにしています。

最後に蜜蝋ワックス、柿渋、米ぬか、など、お客様に合った仕上げをします。


IMG_3155
IMG_3161IMG_0804

IMG_0740




現在自宅を事務所として改装中です。

迷いもありましたが、お客様にも

実際に珪藻土の様子やフローリングの感じ、健康素材などを見て頂く

事が出来るので、思い切って普通の住宅街の一戸建一階を事務所

にする事にしました。


しかし、移転直前に台風にやられて、改装は3か月以上遅れてます。

<before>
IMG_1866

                                               ↓
<途中1>
写真 2018-12-28 16 59 58

               ↓
<途中2>
OEKE4573

まだ外装、工事途中です( ↑ )。
植栽を変えて、デッキをつけフェンスを塗装するつもりです。

<内部>
IMG_0544
IMG_1211IMG_1198
IMG_1173IMG_1077


もうちょっとでSOHO仕様に完成です。!

ちょっと前ですが、マンションの1室をリフォームさせて頂きました。

施主様もこだわりがある方でしたので楽しませて頂きました。

逆にお客様に教わり、いろいろと勉強になりました。


キッチンとトイレを変え、間仕切りを取っ払い、クローゼット

を新たにつけました。その他、建具と照明等をちょっといい感じに。


< before >

InkedIMG_7390_LI
InkedIMG_7399_LI
IMG_7381
IMG_7380




< after >

IMG_0456
ユニオンのミラー折戸とYKKのパーテーション


IMG_0462
ハンセムのキッチン

IMG_0490
右側はクローゼット

IMG_1554

IMG_1463
クローゼット上は間接照明に

IMG_1461
パーテーションを開けると和室




杉無垢材などを使う事が多いのですが、商品によってはかなりニオイがきつい
ものがあります。ニオイというか、化学物質。
どうもよく言われるピレンやリモネンだけという感じではなさそうです。

木材の乾燥について調べてみると、乾燥する際に木が割れないように割れ止め
というテクニックがあるようです。

http://www.homarewood.co.jp/lumbermill-document-9.htm

ある液体を割れないように刷毛で塗るそうですが、木工用ボンドらしきものを
使う所もあるそうです。

割れ止めの商品を調べてみると、木材用強力割れ止め材「スーパーガードⅡ」
がありましたが、成分はアクリル樹脂でした。

また、関連商品に
木材の干割れ、カビ、日焼け防止剤などもありますが、これも使われいるの
かもしれませんね。

こういう体に良くない物質が木に染み込んでしまう可能性もあるのではと
考えてしまいます。
木材の

ノンクラック

木材の干割れ・カビ・日焼け防止剤(浸透

先日、台風21号が大阪を直撃しましたが、家の周辺は大変
な事になってます。ところどころにブルーシートのお家が、、、。
実はうちの家も屋根が飛んでしまいまして、
自然の猛威の恐ろしさを実感しました!💦

屋根被災部分


今回、前からお付き合いのある屋根業者さんがすぐに飛んできてくれまして、
応急処置をして頂きました。本当に感謝です!

その業者さんと一緒に他の家の応急処置をして廻ったので、そのおかげで
私もある程度応急処置のやり方をみて覚えさせて頂きました。

なので、お客様から要請があればとりあえず一人で屋根に上って応急処置
が出来るよようになりました。
かといって、屋根の上なので一人では危険ですね。二人でないと何がおこるか
わかりません。

<お客様宅の屋根応急処置> ↓
IMG_2381
IMG_2391

しかし、なかなかこういう大きな台風の経験はできませんので
経験できた事は良かったと思います。
今後このような台風が来ない事を願いますが。。。


↑このページのトップヘ