アレルギーゼロの住まいをめざす

健康住宅デザイン情報局

健康住宅、シックハウスや環境病の情報など。たまにプライベートの近況も。”アレルギーゼロの住まいをめざす<健康住宅デザイン工房>” https://www.kenkoujyutaku-dk.com/

2016年02月

スイス漆喰カルクウォール。
今日朝からカルクウォールの説明会に行きました。
前から知ってはいましたが、本当のところどういう商品なのか。

今回は相談者のAさんがこれがいいと知人から教えてもらったそうで、この機会に一度しっかり勉強させて頂こうと思いました。

イケダコーポレーションさんが主催でしたが、なかなかしっかりとプレゼンされていて、勉強させて頂きました。
左官職人の方の実演もあったし勉強になりました。いろいろな塗り方があるんですね。


IMG_2380

スタッフの方達も好感がもてるし、イケダコーポレーションさんの会社の姿勢がよくわかりました。



スイス漆喰はアルカリが強くPH13くらいだそうです。細菌類や殺菌・分解作用があるらしいので、匂いを除去してくれるそうです。 確かに100%天然ですし、匂いもほぼ無臭に等しい感じでした。通常の漆喰に比べると骨材が入っているので珪藻土を塗った感じに近くなります。

担当の方が言っていましたが、全部の壁を白色にすると逆に圧迫感があるそうです。奥行を出すために奥まった壁にはグリーン色のカルクウォールを塗るとちょうどいい感じに空間が広がって見えるのだそうです。


ただ、下塗り材に関しては100%天然ではないのでこれは検証が必要ですね。
”ミネラル下地”という名の下塗り材は塗装後を見せて頂きましたが、完全に固まっているし見た目では大丈夫そう。

先日のNACさんの説明会の時も沖縄サンゴの珪藻土は普通の珪藻土の4倍の吸着効果があり、下塗り材が必要で、その材料を”ヘルシーパテ”と呼んでいました。

どこのメーカーさんも下塗り材に関してはどうしても天然100%は無理なんでしょう。だからとりあえずナチュラルっぽい名前をつけられるのだと思います。

カルクウォールの下塗り材”ミネラル下地”には3%しか非天然物は入ってないみたいです。普通の方だと大丈夫だと思いますが、化学物質過敏症の方が使う場合はここがポイントですね。。


とりあえず下塗り材のサンプルを送って頂く事にしました。。

12181732_50d02a197cab4




先日、Aさんお宅でホルムアルデヒドをはかりました。

まず、何が原因かあたりをつけようと思ったのですが、とにかくもう一度ホルムアルデヒドを確認しようという事になりました。
保健所の方に協力を頂いて、北川式ガス検知管で行いました。保健所の方によると、測定は今年で5件くらいだそうです。
冬だし気温10度以下でしたので、正確な数値とは認められませんが、結果はほぼありませんでした。
1Fで0PPM、2Fで0.01PPM。
次回はとりあえす、柳沢センサーを使って、どこから出ているのかを突き止めようと思います。

IMG_2340


Aさんはこのようにホルムアルデヒドが少ない状態でも、家に入れないそうです。
となれば、別の化学物質の方が可能性は高いですね。
もしそうだとすると、床下の白蟻剤とクロスや接着剤、また下地材も疑われます。床下の白蟻剤はネオ二コチノイドを含みます。これもやっかいなシロモノです。クロスはF☆☆☆☆だそうですが、ほんとうかどうか確認が必要です。どちらにしても可塑剤を含みますからクロスは最重要容疑者です。下地材に関しては多分F☆☆☆だと思いますが、第三換気法だと化学物質が室内に入ってくる可能性があります。

とにもかくにもまずは分析が必要です。
分析をこれから行って対策をたてたいと思います。



 

昨日、お忙しい所無理を言って、ハパロカカンパーナの足立先生にお会いさせて頂きました。
先生はこの化学物質過敏症の方に対する建築的コンサルタントとしては日本で初めてではないでしょうか。
私も、今後健康住宅に携わっていく者として、是非お会いしたくて突然のお電話をさせて頂きました。
先生は快く承諾してくださり、先生の御指示で舞鶴若狭自動車道の笹山インター近くの”お菓子の里”でお会いさせて頂きました。。
3時間以上お話しさせて頂きましたが、先生は親切に経験した沢山の貴重なお話しをしてくださいました。

ほんとに化学物質過敏症に携わる事は大変なようです。
やはり人によって過敏症のタイプが違うんですね。まだお医者さんに通える人はいいそうで、ひどい人は外出できないそうです。


パハロカンパーナさんでは健康建材を扱って いるので、今後は是非使わせて頂こうと思います。HPには掲載されていない商品もあるそうなんで、また教えて頂こうと思います。
今回アルミシート付のクロスを開発されたそうです。確かに、一体になっていれば楽ですね。
これがあればコスト的にも安価でリフォームが可能ですね。 
是非、一度購入して実験してみたいと思います。電磁波防止にもいいかもしれません。

先生、この度は親身になっていろいろとアドバイスをして頂き、ほんとに有難うございました。 !!

 640x640_rect_42866703

先日、工務店さんの紹介で霧島住宅の宮原社長にお会いしました。
長年健康住宅をされています。
今回、生駒山の高山町にある事務所にお伺いしました。
この建物は何年か前に買って少しリフォームされたそうですが、和風でとても素敵な空間でした。
宮原社長にお話しを聞きましたが、本当に立派な方でした。
若い頃から工務店をされていて、昔は ローコスト住宅をしていたそうですが、ある時、環境工学博士の富田辰雄博士と出会い、そこから健康住宅にめざめたそうです。
今はホーミー研究所という幸せな家をつくる教室をされています。 
実際に建てた写真を見させて頂きましたが、まず感じたのは建物がとても美しい。
特に室内天井が梁あらわしになっていて、非常に美しく構成されてます。感激しました。
丸太の梁を多用したり、大黒柱も30センチ程の太さがあって、とにかくしっかりしています。
建材は日本で一番生産量の多い宮崎産の杉や桧を使ってます。

霧島住宅

私は健康住宅という事で技術的な事ばかり考えていましたが、 宮原社長はもっと奥深いところで家の在り方を考えてらっしゃいました。まだまだ自分は器が小さいと反省です。
私も是非、勉強会に参加させてもらおうと思います。

それにしても親切に教えて頂き、感謝しかありません。ありがとうございます。!

霧島住宅の仕様では白蟻工事をしない工夫をされていました。また自然通気構法をとって いるので、常に換気が出来ており、シックハウスの心配が少ないようです。坪75万くらいで出来るそうです。今は社長が年3棟にしてゆったりと仕事をする目標があるそうです。それでも注文が多く、「去年は6棟もしてしまったよ」とおっしゃってました。(笑)


それにしても、本当にこういう方に会えて自分はラッキーです。!

今後共、宜しくお願いしまーす。!(^^♪
霧島住宅3

 

突然どこから聞かれたのかわからないが、携帯に相談のお電話を頂きました。
私が以前健康住宅にリフォームしたマンションの事を聞いてご連絡頂いたそうです。
何も告知していなかったので、私も最初なんの電話か意味がわかりませんでした。
どうもふくずみアレルギーで行っている勉強会のお仲間から聞いたみたい。

お電話頂き、さっそくお家に伺い話しをお聞きしました。
Aさんは、 去年、新築をたてて化学物質を発症されたそうです。
小さなお子様も喘息がひどくなりその時は倒れてしまったそうです。
せっかく建てた新築なのに、本当に気の毒です。
とても悩んでらっしゃっいました。
Aさんが、この新築を再度リフォームして住めるお手伝いをしたいと思います。

化学物質過敏症の場合は、匂いだけでダメになる。慎重に厳選した建材を使わないといけません。
それに、どの建材が原因かもわからない。
まずは、原因をどこまで究明できるかわかならいが、分析が重要だと考えています。
私も健康住宅スペシャリストの資格をもっているので測定する事が出来ますが、その関係で今回、日本健康住宅協会にも協力頂く事にしました。 あと、今回購入予定の秘密兵器があるのでそれで原因を特定しようと思う。


実際に今は空けている新築のお家に入らせてもらいました。 いいお家でした。
3階建ての見た目は最近風、吹き抜けもあり間取りも悪くない。
建材はすべてパナソニックではないだろうか。
いいだけに残念。。。。住めないのが惜しい。

仕様書を見せてもらったが、ほとんど☆☆☆☆だから建築基準法的には問題ないと思われる。
だけどもう、健康被害については建築基準法は関係ないですね。
接着剤には防カビ剤は入っているし、クロスには可塑剤が入っている。

とにかく、いきなりは無理なので少しずつ解決して、お力添えが出来れば。。
 

↑このページのトップヘ