アレルギーゼロの住まいをめざす

健康住宅デザイン情報局

健康住宅、シックハウスや環境病の情報など。たまにプライベートの近況も。”アレルギーゼロの住まいをめざす<健康住宅デザイン工房>” https://www.kenkoujyutaku-dk.com/

2016年05月

この写真は残念ながら当社が作ったものではありません。
実はお願いをしておウチを見せて頂きました。!

こちらは施主様がCSの方で、この健康住宅業界では有名な建築家の先生に
設計して頂いたおウチです。
IMG_2988

外観も独特の落ち着いた色、シックな素材のなんとも好感のもてるおウチ
です。
中も見せて頂きましたが、いろいろな所に工夫が施されていて見学した
この日は感心しっぱなしでした。

久しぶりに大満足のおウチを見せて頂きました。(*^^*)
また、大変勉強させて頂きました。

実はB様はここで診療所をされています。
診療所の写真を一部だけ。。。

IMG_2985
IMG_2986

自身が改善された経験を元に、
アレルギーの方の治療を主にされており、NAETという名称でアレルギー
除去を目的とした施術です。現在、世界中に拠点があるそうです。
http://www.naetjapan.com/






昔読んだ「健康を脅かす電磁波」 荻野晃也 著 をもう一

度読み返しました。

この内容が確かかどうかはわかりませんが、これが事実であれば、

改めて気になる事を書いてみます。。。



高周波の電磁波に低周波を合わせる事を変調」といいます。

これが実は怖い。あるアメリカの脳研究の博士がある事を発見しました。

それは鶏を実験として使い、この変調電磁波をあてると、細胞内から

異常にカルシウムイオンが抜け出てくるというものです。

この高周波と低周波の組み合わせによってカルシウムイオンの漏洩の

違いが顕著に出るそうです。この組み合わせは人によっても微妙に違

います。

これが電磁波過敏症をわかりずらくさせている原因かもしれません。



もっと怖いのは低周波50サイクルから60サイクルの間では高周波によって

漏洩が所々で出るらしいですが、低周波が16サイクル周辺ではかなりの高

周波の範囲で漏洩が起こり、しかもその数値は極端に多いそうです。




今、スマートメーターのECOHONは確か9k~450kサイクル~。

このように現在、いろいろな周波数がはびこっています。

これらの組み合わせで、常時高周波を浴びている我々人間はど

の程度被害を受けるのでしょうか。?


Contaminacion-Electromagnetica
 

神戸のAさんのお宅に測定に伺いました。

今回は測定分析会社の方も呼んでしっかり測定をさせて頂きました。

今回は定性分析を行いました。まずどんな成分の化学物質があるのかを
調べる検査です。

結果は2週間後にわかります。
IMG_2812
IMG_2817

その結果を見て、どうしていけばいいか決めたいと思います。。。



それよりなにより、今回は嬉しい事がありました。!!
何週間ぶりか、Aさんにお会いしましたが、すこぶる過敏症が改善されて
いました。
顔色もよく、考え方も前向きになられて安心しました。

お話しを伺った所、気にしすぎる事をしないようにしたら、徐々に良くなって
きたそうです。それと、ヨガも始めたそうです。

過敏症は気にしすぎると余計に悪くなります。
確かに、化学物質や電磁波の過敏症は存在しますが、ストレスや精神
的な問題も大きく影響します。

この過敏症については二つの考え方があり、

①化学物質や電波が、自律神経 を失調させる。
②自律神経失調症になると、化学物質や電波に影響されやすくなる。 


この二つ、どちらが正解というわけでなく、両方が混在しているのだろ
うと思います。
しかし、実際、②のケースの方も多く、もともと自律神経が弱りこの過敏症
になる方によくお会いします。
その為,周辺からも理解されにくいのだと思います。



患者様本人の意識としては、まずは自律神経を整える為に、あまり気に
せず生活する。
そうすれば必ず改善はみられると思います。

そして、気持ち的には人や世間のせいにしない。
人は選択するという自由をもって生まれてきています。
その自由を使って選択したのは自分なのだから、今ある事は全て自分の
責任だと思う事が意外と大事です。

他人のせいにする事より、事実を受け止めて前向きに治す努力する方が
建設的です。

そして最低限、家の中は健康に保つ必要があります。しかし過度にお金をか
けて完全武装するよりかは、お金をかけず必要なところを変更して、自分の
考えや気持ちの方向を変える方が大切だと思います。


、、、とにかく、元気になっていただけるのが一番うれしいです。!

二日間の産業フェア出店で気になった事。。

それは、ほとんどのご家庭でアレルギーの方がいるという
現実です。お話しを聞いた結果、確立でいうと、90%くらい。。。

その中でも特に気になったのはPM2.5や排気ガスに反応
してしまう方が多かったという事です。
最近では、PM2.5の情報も入ってくるからPM2.5が多い日は
調子が悪くて、原因が特定しやすいのでしょうか。 


それと子供さん、、、ほとんどのお子さんはアトピー 。ですが
年齢が上がったら治るのではないかと期待して、親御さんは
対応を後回しにしてしまう、ってな方が多いですね。

その結果、重症になるケースが過敏症なのではないでしょうか。


そんな事かもしれません。


 

揮発する化学物質を抑えるセーフコートというCSにとっては有り難
い塗料を試してみました。

とりあえず、ホームセンターでホルムアルデヒド満載の板を購入。

家で棚をつけたいと思い板は40角の扇形のものにしました。
IMG_2647


最初揮発がすごかったです。しかし、実は購入して3ヵ月
くらいたってしまって、今はあまり効果はなくなってます。
それでも、 まだ揮発している証拠に、柳沢センサーで確認。
まだピンクになっていましたから、ホルムアルデヒドは出ていました。

IMG_2658IMG_2665





、、、そこにセーフコートのアグリグレーゼマットを塗りました。
アグリグレーゼマットは壁紙の上にもできるやつです。
IMG_2660


開けると、底に白いものが沈殿していて、混ぜると全体がヨーグ
ルトみたいになりました。
匂いはあまりしませんし、触ってもさらっとしていました。
IMG_2663



しかし、板の片面に塗って部屋で乾かしていると、少しだけですが、
口の周りと目の周りにCS特有の影響が出てきました。
こういう時、自分がCSなので便利です。私はいつも唇が腫れてくるので、
これを「いかりやセンサー」と呼んで重宝してます。

缶の表面にも注意事項で書いてますけど、やっぱりCSの人は作業
はしてはいけません。
健常者にしてもらいましょう。。

また、塗った後も一週間は使わない方がいいそうです。
注意事項にも書いています。



まっ、思ったより安全ぽい感じはしました。
しかし、慎重に使用しなければいけません。
代理店の方も一度試してからやらないとどうなるかわからないと、かなり
心配されていましたし。




一週間たったらまた、柳沢センサーで測定してコーティングできたか
確認をしてみます。。。。!
IMG_2664


 

↑このページのトップヘ