アレルギーゼロの住まいをめざす

健康住宅デザイン情報局

健康住宅、シックハウスや環境病の情報など。たまにプライベートの近況も。”アレルギーゼロの住まいをめざす<健康住宅デザイン工房>” https://www.kenkoujyutaku-dk.com/

2017年10月

最近は皆さんカフェや喫茶店などでよく仕事をされていますね。
確かに自分もそうしてます。私はSURFACE BOOKを使っていますが、
パソコンが進化して、どこでも支障なく使えるようになって非常に楽です。
唯一問題なのが、電話とトイレです。なかなか喫茶店やカフェでは電話
しづらいです。人の目が気になるし、個人情報とかも聞かれてしまうかも
しれないし・・・・。

しかし、、、、、。
最近では、女性の方がそういう場所でもよく電話していらっしゃるのを見かけます。
特に若い女性が多いようです。なんかもう慣れちゃってる感じですが、
多分それが常識と思っていて気にならないのでしょうね。
AKANE20160312012313_TP_V4


きっと、やめて欲しいと思っている人はいると思いますが、
私自身は廻りで電話されてもあまり気にならないので、別にやめて欲しいとは思いません。
もしかしたらそういう時代になっていくのかなー、
カフェで電話をするのが当たり前の時代になるんだな、と一人で納得しています。

だけど飲食店でパソコンで仕事をしているとトイレに行くとき困ります。
一応パソコンも10万以上はするし、中に個人情報も入っているので、
ほっぽらかしには出来ません。
私はわざわざトイレにパソコンをもっていったりしますね。💦
そういう時は机に鍵付きの引き出しがあって、鍵がかけれたらいいのにって
いつも思います。そしたら気兼ねなくトイレにいけますから。

どっか、そういう店があったらと思いますが、
もし店がそこまでしてくれても、お客に長居されるだけで店舗的には
経営上のメリットはないわけで・・・・。という事はそこまでしてくれる
店は出てこないかな?😅


それにしても、
このようにどこでも仕事ができちゃうと、事務所なんていりませんね。
これからはわざわざ事務所を確保して仕事する必要はありません。
そうなると場所の価値ってどうなるんでしょうか?

事務所のかわりに飲食店などが事務所代わりとして発展していくんでしょうか。
それ専門の飲食店が出たり、スーパーやデバートなども人を取り込むために
こぞってパソコン作業がしやすい環境に代わっていくかもしれません。

カフェにいながら仕事、キャンプの合間に森の中で仕事、移動中に電車や
タクシーや車の中で仕事。。。ザッピングのように、ながら仕事をする環境が
普通になるかもしれません。そのうち、公園にも仕事ができる設備が
整うんじゃないでしょうか?
だんだん感覚として場所の境目が無くなってきませんか?
買い物なんかは今はネットで出来るので、店舗という場所の価値すら
希薄になってきています。私なんかも、今や事務所からAMAZONばっかり。
事務所が店舗みたいなもんですね。

そして最近ではVRが出てきたので、その場にいかなくてもその場の雰囲気も味
わえてしまいます。

いろんな事で場所の概念が崩壊していくという事は、エリアとしての枠組みが
無くなっていくという事。町や地区、国なども境がなくなって、代わりに意識
や考え方の集まりの方が優位になってきます。
ネット上で価値観の共通な人が集まり、位置的な場所が違えども、
仲間で法律やルールをつくり出していく。そして拡大しパワーを生み出していく。
そんな未来になっていく気がします。
それってなんかISみたいですね、よく考えると。。。。。
もう実現しつつあるって事ですね、、こわっ!

その結果、世界は一つに集約してまとまっていくのか・・・、
それとも分裂して崩壊していくのか・・・・、
どちらなんでしょう?

すいません、思いつくままにダラダラと独り言です。


先日、お客様から観葉植物を置いたら空気がすごく良くなった!
とお聞きしました。
リビングに大きなサンセベリアが置いてありまして、それが効い
たとの事です。

そういえば、植物の理論上の吸着率は知っていましたが、実際に
どのくらいなのか試した事がありませんでした。

なので、実験してみました!



ガラス瓶を使って実験です。
ちょっと、おおきなガラス瓶がなくて、サンセベリアがかわいそう
でしたが、少しの我慢という事で開始しました。
温度は24.2℃ 湿度49%。

IMG_6200


実験瓶3つとも、ほぼ同じ温度と湿度です。
観葉植物を入れた瓶だけ湿度が50%です。

IMG_6179

左から 
----------------------------------------------------------------
①左   →  サンセべリアと合板をいれてます。
②真ん中 →  合板のみ入れています。
③右   →  何もはいっていません。
----------------------------------------------------------------

この中にホルムアルデヒドに反応して赤くなるセンサーを入れて
計測を行いました。
ガラス瓶の中の手前にある丸いやつがセンサーです。
センサーは拡大すると こんなやつです↓
IMG_6173


このセンサーがピンクになるかで結果を判断します。

結果は、、、、


IMG_6199
わからいづらいですけど、30分後
---------------------------------------------------------------
①左   観葉植物+合板。 → うすいピンク
②真ん中 合板       → 少しピンク
③右   何もなし     → うすいピンク(①と同じ)
----------------------------------------------------------------

*②より①の方が色が薄いという事は観葉植物がホルムアルデヒドを
 吸着しているという事です。
 
 観葉植物の効果が見えました!

IMG_6208

しかし、5時間後は
---------------------------------------------------------------
①左   観葉植物+合板。 → かなりピンク
②真ん中 合板       → かなりピンク
③右   何もなし     → うすいピンク
----------------------------------------------------------------

*センサー①は②の真ん中とほぼ同じかなりのピンク色。
 観葉植物の効果が見えません。

 という事は吸着する許容量があるのでしょうか。。。

 実験を続行しました。。。
IMG_6211
そして24時間後は
---------------------------------------------------------------
①左   観葉植物+合板。 → すっごくピンク
②真ん中 合板       → すごくピンク
③右   何もなし     → うすいピンク
----------------------------------------------------------------

*観葉植物の効果が見えず、①は②の真ん中よりもピンク。
 これは、瓶の中にサンセビリアを入れたせいで、その分体積が小さ
 くなったのが原因だと思います。

*****************************

結論で言いますと、炭と同じように許容量があって、ある一定以上
は吸着できないという事でしょうか。


”効果はそれほどない”と言わざるを得ません。

また、観葉植物に農薬がついている恐れがあります。そのせいで
体調をくずされた方もいらっしゃいます。

お気をつけ下さい。

今回は否定的な結果になってしまって残念ですが、もう少し考察を
続けたいと思います。

ここ最近、急に発症する方が増えています。

今回、相談されてきた方は、急にどこからか漂白剤の
匂いが部屋に入ってきて、それからあらゆる匂いがダメになったそうです。
以前からその傾向はあったようですが、他の方と同じように、
突然何かの起爆剤で発症するいつものやつです。


困られていたのですぐにおウチに伺いましたが、確かに部屋
に入ると、私の体感もよくありませんでした。
(ここ最近発症現場ばかり行っているので、体調がボロボロに
なってきました。。なんか対策を考えねばいけませんね。。

さっそく簡易測定でホルムアルデヒドを測定しましたが、やはり
数値は出ません。他のなにかの物質が原因なようです。


マンションの高層階なので、外部からの悪い空気の侵入も考えられ
ます。近くに廃棄物処理の集積所もあります。また、数年前に
マンションの大規模改修をしています。これも原因の容疑がか
かっています。それと、何年か前に行った自宅のリフォーム工事。
床と畳を取り換えたそうです。

原因と思われるものがいっぱいありすぎるので、
ある程度の原因をつかまないと始まりません。とにかく空気質
の測定を急がねばなりません。

それと気になるのは空気清浄機を使われたそうで
すが、いっこうに自分には効かないという事でした。
樹脂の匂いにも反応していろのでしょう。
それと、雨の日などの天気が悪い日は楽だそうです。

これも原因を探るヒントになりそうです。


人間が見る事の出来る波長は、350~800nmと言われています。
nmとは、10のー9乗(m)だそうです。
その色の中で最も強力な光が ”ブルーライト” 。
380nm~500nmまでの波長ですがこれがやっかいなものなのです。

ブルーライトとは
                                     参照:ブルーライト協会
                                            http://blue-light.biz/about_bluelight/



なぜやっかいなのか。。。。。
このブルーライトは角膜や水晶体で吸収されずに網膜に到達してしまいます。
眼や体に非常に大きな負担をかけてしまうのがこのブルーライトなのです。


ヒトにはサーカディアンリズムというものがあり、太古の昔から光によって
生活のリズムを培ってきました。
ブルーライトの波長はひときわ重要で、ヒトの体のリズムをリセットするよ
うにできています。
この光が無くなると、脳にいくメラトニンが抑制され眠くなり、逆に朝のこ
の光を浴びると、メラトニンが分泌し目が覚めるのです。


夕方から夜にかけてパソコン作業をする、あるいはLED
の照明の元で過ごし
ていると、脳がバランスをくずし、メラトニンが減少して不眠におちいります。
また、パソコン作業を慢性的にし過ぎると、メラトニンの全体量が減少し、
鬱になる可能性もあります。



またこのブルーライトの波長の中で
460nm「第3の視細胞」を知っていますか?
最近ですが発見され、クローズアップされています。
「第3の視細胞」は、メラノプシン含有網膜神経節細胞(ガングリオンフォトリセプター)と呼ばれる神経細胞の一種で、ここで得た光の刺激は脳の視覚中枢を経由せず、直接視床下部に届いて1日24時間のサーカディアンリズム(概日リズム)に大きな影響を与えます。
つまり、「モノを見る」ことはできませんが、ブルーライトを感知することで生体リズムや生理的調整機能、病気や痛みの発生にも影響を与えるのです。<ブルーライト研究会より>



以上、ブルーライトは危険なものだという事がお分かり頂けたと思います。
また、いろいろな方からの話しを参考にすると、どうもこの光の暴露の影響は
次第に悪化していくようです。知らず知らずのうちに、ブルーライトに対する
反応が大きくなるようです。
理由は専門ではないのでわかりませんが、とにかく気を付けねばなりません!

この為、
①必ずブルーライトカットのシートをディスプレイに貼る。
②ブルーライトカットの眼鏡をかける。
③夜に作業は行わない。原則就寝の3時間前まで。
せめてこの3つは守るようにして下さい。

まっ、このブルーライトが全てとはいいませんが、不眠の方は気を付けて下さい。!




(補足)
今から30年近くも前に、私はパソコンをすると調子が悪くなり、周囲にこの事を訴えていました。
「なぜかわからないが、パソコンをすると調子が悪くなる。パソコンは体に良くない?健康によくないのではないか?」。。。
しかし皆に
「気のせいだろ」と言われてしまい、変人だと思われるのが嫌で、最終的には家族にしか言わなくなりました。しかし、そのうち最後は結局誰にも言わなくなり一人で対策を行っていました。ははっ
最近になって、このように理由が少しづつわかってきて本当に良かった。
なんでもそうですが、事実が明るみになるまでは時間がかかりますね。



それにしても、
あの時、理解されない苦しみと正体のわからない不調、理由なく体と心がむし
ばまれる恐怖とで、もがき続けていました。
今ならCSやES,ブルーライトの情報などが出てきて有難い話です。
きっと、同じような経験をした人もいるし、これからも目に見えない原因で
そのような人が出てくるのではないかと思います。
特に経済優先でITが進化するこの時代は、更に増加していくんでしょうね。

この経験があるので、今、自分が携帯や携帯基地局の電磁波に影響を受けている
事実も、やっぱり世間にしっかりと訴えねばと思う今日この頃です。




↑このページのトップヘ