アレルギーゼロの住まいをめざす

健康住宅デザイン情報局

健康住宅、シックハウスや環境病の情報など。たまにプライベートの近況も。”アレルギーゼロの住まいをめざす<健康住宅デザイン工房>” https://www.kenkoujyutaku-dk.com/

2017年11月

各種木建材のホルムアルデヒドを測定してみました。
果たして建材によってどの程度違うのか、、、、
柳沢センサーを使って測定しました。


1.無垢フローリング ナラ ウレタンクリア塗装
2.MDF
3.アーキスペックフロアー ナチュラルウッドタイプ オーク突板
4.合板
5.杉無垢材
P1000400 (002)

スクリーンショット (94)
結果はやはり、、
合板が一番放出量が多く、次いでMDFですが、これは若干という感じ。
ウレタン塗装したものや、最近のコーティングしたフローリングでは
表面からは揮発しないようです。無垢材とほぼ同じです。
当然、無垢材はホルムアルデヒドの発生はありませんでした。

現在、木造一戸建ての改装中です。
今回は足場屋さんのお勧めもあって、黒のシートで囲いました。
初めて使いましたが、内部から外の景色が良く見えて、いいですね。
少しお高くなりますが、今後は黒も使っていきたいと思います。


通常はグレーが多いです。よく使われるので在庫が少なくなり汚い古いもの
になりがちです。グリーンやブルーはあまり使われていないので余っている
らしく、綺麗なものを使えるそうですが、私的にはあまり好みではありません。
某ハウスメーカーなんかは白で統一しているみたいですが、それも清潔感が
あっていいですね。

黒のシートだとこんな感じです。 ↓ 

IMG_6403

事務員さんの机の上を測ると、電磁波が多くありました。

P1000378

175v/mです。
問題は机の上に乗っかっているパソコンモニターと電話のようです。
なので、対策としてパソコンと電話を机から離す事にしました。

15mmの 3×6判 MDFボード、1枚を使って作成しました。

写真 2017-12-14 9 29 54




P1000355
P1000360
P1000368
P1000362

P1000370



結果を測定しました。


P1000380

とりあえず数値は67v/m減りましたが、まだ108v/mあります。

これではまだまです。床からも電場が伝わっているようです。

スパンボンドを使ってアースしなくてはいけません。

それは次回でやります。


ちなみにMDFボードについてはホルムアルデヒドが出る可能性が
ありますので一応測定しました。

ラワン合板の棚と無垢のベッドと比較しました。

結果
写真 2017-11-05 10 24 37

MDF合板はラワン合板を裏地に貼っている食器棚と同じぐらいでしたので、
ある程度ホルムアルデヒドを含んでいるという事がわかりました。

作成した棚にはセーフコートを塗布してみようと思います。



↑このページのトップヘ