アレルギーゼロの住まいをめざす

健康住宅デザイン情報局

健康住宅、シックハウスや環境病の情報など。たまにプライベートの近況も。”アレルギーゼロの住まいをめざす<健康住宅デザイン工房>” https://www.kenkoujyutaku-dk.com/

2019年09月

先日、カビの検査を致しました。

検査した結果、思ったよりも多くカビを検出致しました。
ススカビ、クロカワカビ、アオカビ、コウジカビなど・・・。

IMG_8018


上記の写真は一例ですが、
最近では、カビの被害による問い合わせが多くなっています。
去年の台風による被害で雨漏れが発生し、放置した結果でしょうか。
カビ被害にあわれた方の特徴として、口の中に違和感を感じるという症状が
多いようです。


カビの種類により、好む湿度はちがいます。
90%以上の湿度を好む 好湿性カビ。 ススカビ、クロカワカビ、アカカビなど
80%以上の湿度を好む 中温性カビ。 アオカビ、コウジカビなど
乾燥した場所を好む 好乾性カビ。 カワキコウジカビ、アズキイロカビなど

測定した結果、好湿性カビが多い場合は、結露や水漏れなどを
疑ってみるのも原因を探る手立てになります。



また、対策としては、カビが育成するために必要な4つの条件、
「栄養」、「湿気」」、「酸素」、「温度」」の
いずれか一つを取り除けば、防止することできます。

最近は、関西以外からのお問合せも多くなってきました。
その為、遠方の方でも対応できるようにCOCONARAを通じて
電話対応させて頂く事に致しました。

遠方の方にも、今まで以上に深いご提案を出来ればと考えています。




健康を望まれる方、お家の相談承ります シックハウスや環境アレルギーの方へのアドバイス

人は体内に内時計を持っている。それは、脳の視床下部の視交差上核
という部位にある。
この時計に従って深部体温の上下運動や、睡眠ホルモンと呼ばれる
メラトニンの分泌などがコントロールされている。
この時計が狂ってくると睡眠相が次第に後退するDSPS(睡眠相後退症候群)
という病気や冬季うつ病などを誘発する。

この時計リズムを24時間サイクルに同調されている因子として”光”の重要性
が認識されてきた。一日周期の生体リズムサーカディアンリズムの矯正
のために、「高照度光療法(Brighte Light Therapy)」と呼ぶ治療が精神神経科の
分野で行われるようになった。


人は本来、昼光性であって、日の出、日の入りという日周期にそった生活が
健康的なのである。午前中に明るい日差しや明るい照明の下で過ごすことは、
健康上必要である。

cc146262a32348bcf85f99b2e33188ed_s

IMG_1314


先日、久しぶりに健康重視でなく、一般のリフォームをさせて頂きました。

お客様が売却ご希望で、古くなった設備や内装のリフォームです。

マンションですが、景色がすごく良い所だったので、

間取りを少し変えて、リビングに外部の景色を取り込む
プランにしました。

だいぶ明るくなり風も通るようになり、とても気持ちの良いお家になりました。

南港になりますが、駅からも近くお買い得だと思います。






before
IMG_1144
IMG_1136
IMG_6354







after
IMG_1241
IMG_1344


IMG_1421

IMG_1310
IMG_1340
IMG_1374
IMG_1379
IMG_1418

最近、空気質を測定して欲しいというお問合せが非常に多くなっています。
この暑さのせいで、家の中の建材が揮発するのでしょう。
例年になく、お困りの方が多いようです。
最近では、女性だけでなく男性も増えてきました。

「とりあえず、家の中に入れないのでなんとかならないか。。。
 空気質を測って欲しい

というのが多いですね。

測定するにも測定できうる全ての物質を測ると25万くらい
かかってしまいます。
お客様にとってはかなりのご負担ですので、とりあえず私がまずお家を
見させてもらって、測る必要がある物質を探るようにしています。
ホルムアルデヒドだけでしたら私個人で簡易測定を機械を使って
できるので、まず測定してあたりをつけます。
場合によっては、原因が目視でわかる場合もあります。

それでも、これといって原因がよくわからない場合で、
お客様がその場所に「住み続けたい、原因物質を特定したい」
という希望があれば、全て測定される事をおすすめしています。

しかし、賃貸で借りた家や不動産や管理会社との交渉の為の測定ですと、
厚生労働省が指針値を出している13物質とT-VOCのみをお勧めする
場合が多いです。



この前は、今までに見たこともないくらいのホルムアルデヒドが出ました。
いったいどんな事をすればこんなに出るのかと思うくらいです。
そういう場所に伺った時は、その時も目やのどが痛かったりで苦しいですが、
後が大変です。しばらく体調がもどりません。

・・年々増えてくるこの状況は今後いったいどうなるのか、心配です。

IMG_7509



↑このページのトップヘ