人は体内に内時計を持っている。それは、脳の視床下部の視交差上核
という部位にある。
この時計に従って深部体温の上下運動や、睡眠ホルモンと呼ばれる
メラトニンの分泌などがコントロールされている。
この時計が狂ってくると睡眠相が次第に後退するDSPS(睡眠相後退症候群)
という病気や冬季うつ病などを誘発する。

この時計リズムを24時間サイクルに同調されている因子として”光”の重要性
が認識されてきた。一日周期の生体リズムサーカディアンリズムの矯正
のために、「高照度光療法(Brighte Light Therapy)」と呼ぶ治療が精神神経科の
分野で行われるようになった。


人は本来、昼光性であって、日の出、日の入りという日周期にそった生活が
健康的なのである。午前中に明るい日差しや明るい照明の下で過ごすことは、
健康上必要である。

cc146262a32348bcf85f99b2e33188ed_s