アレルギーゼロの住まいをめざす

健康住宅デザイン情報局

健康住宅、シックハウスや環境病の情報など。たまにプライベートの近況も。”アレルギーゼロの住まいをめざす<健康住宅デザイン工房>” https://www.kenkoujyutaku-dk.com/

カテゴリ: 空気質測定分析

家に防虫剤の成分が充満しているとの事で調査に伺いました。

とりあえず簡易検査しましたが、ホルムアルデヒド検査だけではどうしょうも
ありません。検証させて頂いた結果、確かに家中にのどにくるような刺激臭
(のどや鼻がスース―する状態)がありました。

昔の着物を親戚からゆずり受けたそうですが、その中に樟脳が入っていたそうです。

どうもこれがナフタレンやパラジクロロベンゼンなどの現在使われている防虫剤と化学反応?を起こしたみたいです。混合すると融点が下がるようで、ようは体温でも溶けるそうです。揮発がはげしく充満するみたいです。家中が防虫剤の成分で大変な事になっていました。また、パラジクロロベンゼンは有機塩素系化合物ですので、塩素系の被害が見受けられました。塩ビ系のものが溶けたり、その成分があまりにもいろいろなものに引っ付いていくので、かなりのものを捨てねばならない状況でした。



とりあえず早急に発生源である納戸をリフォームさせて頂き、
く事で住める状態になりました。

納戸はクロスだけではなく、下地にまで匂いが浸透していましたので
壁は全てボードと断熱材まで撤去し、やりかえました。
床は剥がして新規フローリング貼りです。

2019-12-28 13.05.14


あと補足ですが、お客様がおっしゃるには、
灯油の入った暖房器具があったそうですが、どうもそれに防虫剤の成分が溶けており、
その暖房器具を撤去する事でだいぶ匂いが減ったそうです。


皆さん、お気を付けください。



#樟脳 #シックハウス

最近、空気質を測定して欲しいというお問合せが非常に多くなっています。
この暑さのせいで、家の中の建材が揮発するのでしょう。
例年になく、お困りの方が多いようです。
最近では、女性だけでなく男性も増えてきました。

「とりあえず、家の中に入れないのでなんとかならないか。。。
 空気質を測って欲しい

というのが多いですね。

測定するにも測定できうる全ての物質を測ると25万くらい
かかってしまいます。
お客様にとってはかなりのご負担ですので、とりあえず私がまずお家を
見させてもらって、測る必要がある物質を探るようにしています。
ホルムアルデヒドだけでしたら私個人で簡易測定を機械を使って
できるので、まず測定してあたりをつけます。
場合によっては、原因が目視でわかる場合もあります。

それでも、これといって原因がよくわからない場合で、
お客様がその場所に「住み続けたい、原因物質を特定したい」
という希望があれば、全て測定される事をおすすめしています。

しかし、賃貸で借りた家や不動産や管理会社との交渉の為の測定ですと、
厚生労働省が指針値を出している13物質とT-VOCのみをお勧めする
場合が多いです。



この前は、今までに見たこともないくらいのホルムアルデヒドが出ました。
いったいどんな事をすればこんなに出るのかと思うくらいです。
そういう場所に伺った時は、その時も目やのどが痛かったりで苦しいですが、
後が大変です。しばらく体調がもどりません。

・・年々増えてくるこの状況は今後いったいどうなるのか、心配です。

IMG_7509



先日また空気質測定を行いました。

今回は少し特殊な測定です。

あるハウスメーカーのおウチで、15年もの間、浴室からの配管が無く
排水が流れ続けていたという物件です。

排水管の取り付けを忘れており、床下がずっと水浸しだったそうです。

15年点検で気が付いたそうですが、今までわからなかった事が残念
ですね。

家の周りの樹木の根っこが、外部から床下の水を求めて地下から這い
上がってきていたそうです。私は見ていませんが、想像するとすごい
ですね。


ま、その経緯があって、床下の空気質がどうなっているか調べて欲し
いとの依頼でした。
IMG_3498

IMG_3502

IMG_3501





主にジオキサンという物質。これはシャンプーや石鹸、洗剤に含まれる
界面活性剤を生成する時に出る副産物です。
急性毒性があり発がん性のある有毒物質です。
これが今回、この状況で出るのかどうかよくわかりませんが、とりあえず
心配なので床下を測定してみるという事です。

その他は、通常室内で測る厚生労働省の指針値が出ている13物質 
とT-VOCを測りました。


結果は、ジオキサンは出ませんでした。
その他は今、分析結果を待っています。

しかし、ありえない事ですが排水管を付け忘れるって事があるんですね。
ハウスメーカーさんにとってもお客様にとっても損害が大きいですね。
誰も得をしない。


施工管理はしっかりしないとダメだなとつくづく考えさせられました。

先日の測定結果で出たエタノール。C2H5OH、又は、CH3CH2OH。

生活の中では比較的多い物質です。 
別名はエチルアルコール、ようはお酒ですね。

エタノールは化粧品によく使われていて、ファブリーズとかにも入ってます。
また、溶剤系の塗料にも使われているみたいです。


エタノールは人が吸い込むと酸化されてアセトアルデヒドになりますが、
エタノール自体は別段規制はされていません。

けれど、エタノールも度を過ぎると体に影響はあると思います。
確か日本では規制値はないですが、平均は1143μg/㎡だとの事。

今回の測定結果は4500μg/㎡ですから通常のご家庭の4倍です。

いろいろなものに含まれる物質なので、原因物質の特定が難しく、
どこから出ているのかを確かめる必要があります。

今のところ、
①外壁塗料(2年前に施工済)
②隣家の化粧品系から
③近隣の廃棄物集積所から

が考えられます。

実は簡易的にエタノールを測る検知管があるのですが、これも濃度測定範囲が
決まっていて、500PPM~50000PPMまでしか測定出来ません。

なので、残念ながらどの場所、どの周辺の濃度が高いのか調べる事が困難なのです。
しっかりと測定するのはお金がかかってそこまで出来ません。どうしらいいか。。。

あと調べる方法としては、ドライアイスを使って空気の流れを調べるぐらいでしょうか。





そういえば、前にバイオエタノールを使ったおしゃれな暖房器具が最近はやっていて、
CSの方にはいいかと思っていましたが、きっとダメですね。(-_-;)

バイオエタノールとは植物に含まれる糖を原料にしています。酵母菌による発酵によって
エタノールが出来ます。C2H5OH。
日本では米に麹菌と水を加え、でんぷんを糖に分解し、そこに酵母菌を作用させる事で糖を
エタノールと二酸化炭素にします。
だいたいサトウキビやトウモロコシを原料となるバイオエタノールが多いようで、
今はほとんど車の燃料が主なようですね。

雑談でした。。。。





 

神戸のAさんのお宅に測定に伺いました。

今回は測定分析会社の方も呼んでしっかり測定をさせて頂きました。

今回は定性分析を行いました。まずどんな成分の化学物質があるのかを
調べる検査です。

結果は2週間後にわかります。
IMG_2812
IMG_2817

その結果を見て、どうしていけばいいか決めたいと思います。。。



それよりなにより、今回は嬉しい事がありました。!!
何週間ぶりか、Aさんにお会いしましたが、すこぶる過敏症が改善されて
いました。
顔色もよく、考え方も前向きになられて安心しました。

お話しを伺った所、気にしすぎる事をしないようにしたら、徐々に良くなって
きたそうです。それと、ヨガも始めたそうです。

過敏症は気にしすぎると余計に悪くなります。
確かに、化学物質や電磁波の過敏症は存在しますが、ストレスや精神
的な問題も大きく影響します。

この過敏症については二つの考え方があり、

①化学物質や電波が、自律神経 を失調させる。
②自律神経失調症になると、化学物質や電波に影響されやすくなる。 


この二つ、どちらが正解というわけでなく、両方が混在しているのだろ
うと思います。
しかし、実際、②のケースの方も多く、もともと自律神経が弱りこの過敏症
になる方によくお会いします。
その為,周辺からも理解されにくいのだと思います。



患者様本人の意識としては、まずは自律神経を整える為に、あまり気に
せず生活する。
そうすれば必ず改善はみられると思います。

そして、気持ち的には人や世間のせいにしない。
人は選択するという自由をもって生まれてきています。
その自由を使って選択したのは自分なのだから、今ある事は全て自分の
責任だと思う事が意外と大事です。

他人のせいにする事より、事実を受け止めて前向きに治す努力する方が
建設的です。

そして最低限、家の中は健康に保つ必要があります。しかし過度にお金をか
けて完全武装するよりかは、お金をかけず必要なところを変更して、自分の
考えや気持ちの方向を変える方が大切だと思います。


、、、とにかく、元気になっていただけるのが一番うれしいです。!

↑このページのトップヘ