アレルギーゼロの住まいをめざす

健康住宅デザイン情報局

健康住宅、シックハウスや環境病の情報など。たまにプライベートの近況も。”アレルギーゼロの住まいをめざす<健康住宅デザイン工房>” https://www.kenkoujyutaku-dk.com/

タグ:防虫剤

防虫剤の影響だと思われる案件が続きましたが、
皆、一様に家具や洋服などが汚染され、そこから発せられる
化学物質を吸うと苦しくなるとおっしゃいます。
実際に私も体験しましたが、同じ症状になりました。

しかし、これはCSではない人にはどうもあまりわからないようです。
測定して頂いた測定専門の方や分析をして下さった分析会社の方は
あまり感じなかったようです。
不思議です。
私もお客様同様、こんなに息苦しく喉や粘膜がやられ、頭痛も
してくるのに、一般の方にはあまりわからないようです。
しかし、多分一般の方でも、長時間吸い続けると、
何かしらの反応は出るとは思いますが・・・。
こればかりは実験するのは被験者の方がCSを発症するといけませんので、
躊躇してしまいます。


そこで・・・・、
汚染された服や物を2点分析センターで分析する事にしました。
2020-01-30 06.35.10
2020-01-30 06.35.38

しかし結果、不思議な事に樟脳のカンファーやパラジクロロベンゼンなど
防虫剤の成分であると思われるものは全く出ませんでした。

不思議です!どういう事なのか。。

代わりに出たのが、アセトン、デカナール、ドデカン、フタル酸ジー2-エチルへキシル、
スクアレンなどです。

この中で一番考えられるのは、フタル酸ジー2-エチルへキシル。
なぜかというと、目や粘膜に刺激が出て、匂いも特徴的な臭気という事もありますが、
実は、案件の中で共通してクロスが特殊だったからです。
この化学物質は、壁紙や床材に使用される軟質塩化ビニル樹脂系の可塑剤、
接着材・塗料・インキの可塑剤などに使われます。

もしかしてクロスが防虫剤と化学反応を起こして、このフタル酸ジー2-エチルへキシルが
大量に出てしまったのか・・・・。

ちょっと安直すぎるような気もしますし、、、まだまだ検証が必要です。💦




去年工事致しました、和室リフォーム。
IMG_0509

お客様が以前から体調が悪いとの事で調査した結果、、、、
和室をクローゼット替わりにしていた為、
部屋に充満している樟脳や防虫剤が原因だとわかりました。
壁を下地から解体しましたが、作業していて気が付いたのは、
壁の中の木材にニオイがしみついているという事です。
という事は、暖房などをした時や、換気栓を回した時など、
事あるごとに壁から有害物質が出ていたという事です。
恐ろしい事です。

壁は漆喰で左官仕上げを行い、床は防虫剤がしみついた畳をやめ、
天然乾燥の無垢材フローリング、下地材を使い仕上げました。

特にここはマンションですので、規約の中にある床の遮音等級を
確保するのに苦労しました。
健康仕様の遮音マットを使いましたが、多少ニオイもありますので、
ビニールーシートで活性炭シートで防ぎました。

結果、無垢材の木のニオイはありますが、樟脳や防虫剤の嫌な
ニオイは完全にとる事が出来ました。

<BEFORE>
IMG_2632

<工事途中>
34589
IMG_3547
S__36773926
S__36773928
IMG_3645
IMG_3701



<AFTER>
IMG_0524
IMG_0539
IMG_0514


↑このページのトップヘ