アレルギーゼロの住まいをめざす

健康住宅デザイン情報局

健康住宅、シックハウスや環境病の情報など。たまにプライベートの近況も。”アレルギーゼロの住まいをめざす<健康住宅デザイン工房>” https://www.kenkoujyutaku-dk.com/

タグ:電磁波

ある化学物質を吸着する塗料を実験しました。
これは、電磁波も防御するそうです。
備長炭水性塗料、中に炭が入っていて、塗料は水性アクリルを使っています。
とりあえず試してみました。



P1000475

蓋を開けてみましたが、思った程匂いはありませんでしたので、
私的には大丈夫でした。
とはいうものの、後で聞くとこれは1年くらいねかせている材料だ
そうです。

合板に塗ってみました。



P1000478

P1000485




二回塗りをした結果、特に強い匂いがなく大丈夫でした。
見た感じはマットでかなりいいですね。

化学物質の吸着についてはまた後日として、とりあえず本当に電磁波
を防御するか試してみました。

P1000492
P1000495

携帯電話と測定器の間に普通の合板を置いた場合と、炭塗料を塗った
合板を置いた場合で高周波のシールド率を比較しました。


結果は、、、、、、、、

ほぼ一緒。

残念ですが、高周波に関してはそれほどの効果は望めないようです。



事務員さんの机の上を測ると、電磁波が多くありました。

P1000378

175v/mです。
問題は机の上に乗っかっているパソコンモニターと電話のようです。
なので、対策としてパソコンと電話を机から離す事にしました。

15mmの 3×6判 MDFボード、1枚を使って作成しました。

写真 2017-12-14 9 29 54




P1000355
P1000360
P1000368
P1000362

P1000370



結果を測定しました。


P1000380

とりあえず数値は67v/m減りましたが、まだ108v/mあります。

これではまだまです。床からも電場が伝わっているようです。

スパンボンドを使ってアースしなくてはいけません。

それは次回でやります。


ちなみにMDFボードについてはホルムアルデヒドが出る可能性が
ありますので一応測定しました。

ラワン合板の棚と無垢のベッドと比較しました。

結果
写真 2017-11-05 10 24 37

MDF合板はラワン合板を裏地に貼っている食器棚と同じぐらいでしたので、
ある程度ホルムアルデヒドを含んでいるという事がわかりました。

作成した棚にはセーフコートを塗布してみようと思います。



最近、猫除けセンサーなるものがはやっています。

18~23KHZzだそうです。うちの息子は近所にあるこのセンサー
の音が聞こえるそうで、頭が痛いと言っていました。


これも子供の健康被害につながるようです。

やめて欲しいのですが、なかなかご近所に言いにくいですね。 

とりあえず、うちの近所を
FM6の低周波測定器で検査してみたいと思います。


「猫除け」の画像検索結果
EC801G ねこちゃんしないで パナソニック(Panasonic) 10346008
 

何か月も前ですが、電磁波って影響があるのか検証してみました。そのご報告です。


前にイギリスの女子高生がこのような実験したら顕著に影響がある事がわかったという

ニュースがありました。



なので・・・

とりあえず私もカイワレの種を使って実験を開始!



まずは、納豆パックの入れ物に水につけた脱脂綿をおきます。
その上に市販で買ってきたカイワレの種をおくだけ。
(お金をかけたくないので、安い方法で・・・


一つは電磁波がない場所に置き、箱でカイワレを囲い、真っ暗の状態にした A。

もう一つはネットのルーターの横に同じように箱でカイワレを囲ったもの B。

どちらも箱の条件や室温など電磁波以外条件は同じです。


Aが電磁波なし
Bが電磁波あり

って事です。



そして二日後の結果がこちら。↓



   

A  電磁波なし
CQY-ErDU8AA1Epl

        何センチか芽が出ました。




B 電磁波あり
CQY-ErIUwAUXxE9

             ほぼ芽が出ず。




結果はこうなりました。
2回程実施しましたが結果は同じ。 


明らかに電磁波がある方は成長が止まっていました。 

こうなると、やっぱり人間の細胞にも影響を与えるのではと考えてしまいますね。



簡単に出来ますので、お時間がある方は是非試してみて下さい。

以前の日経新聞にのっていました。

NECが広範囲の電磁波を可視化する 装置を開発したそうです。

0302-01


大きさはアイフォンくらいの大きさらしい。

まだ実験段階ですが、2年後には実施されるとのこと。

この装置を各場所に置く事でどの周波数が時間帯別、場所別に

少ないかなどが地図上でも手に取るようにわかるらしい。

それによって、まんべんなく有効に周波数帯の領域を使うように

するのだそうだ。もっと効率的に電磁波を増やす為に。



これ以上世の中に電磁波がはびこらせるのは勘弁してほしいですね。 

http://jpn.nec.com/press/201610/20161003_02.html 

↑このページのトップヘ