アレルギーゼロの住まいをめざす

健康住宅デザイン情報局

健康住宅、シックハウスや環境病の情報など。たまにプライベートの近況も。”アレルギーゼロの住まいをめざす<健康住宅デザイン工房>” https://www.kenkoujyutaku-dk.com/

タグ:VOC

防虫剤の影響だと思われる案件が続きましたが、
皆、一様に家具や洋服などが汚染され、そこから発せられる
化学物質を吸うと苦しくなるとおっしゃいます。
実際に私も体験しましたが、同じ症状になりました。

しかし、これはCSではない人にはどうもあまりわからないようです。
測定して頂いた測定専門の方や分析をして下さった分析会社の方は
あまり感じなかったようです。
不思議です。
私もお客様同様、こんなに息苦しく喉や粘膜がやられ、頭痛も
してくるのに、一般の方にはあまりわからないようです。
しかし、多分一般の方でも、長時間吸い続けると、
何かしらの反応は出るとは思いますが・・・。
こればかりは実験するのは被験者の方がCSを発症するといけませんので、
躊躇してしまいます。


そこで・・・・、
汚染された服や物を2点分析センターで分析する事にしました。
2020-01-30 06.35.10
2020-01-30 06.35.38

しかし結果、不思議な事に樟脳のカンファーやパラジクロロベンゼンなど
防虫剤の成分であると思われるものは全く出ませんでした。

不思議です!どういう事なのか。。

代わりに出たのが、アセトン、デカナール、ドデカン、フタル酸ジー2-エチルへキシル、
スクアレンなどです。

この中で一番考えられるのは、フタル酸ジー2-エチルへキシル。
なぜかというと、目や粘膜に刺激が出て、匂いも特徴的な臭気という事もありますが、
実は、案件の中で共通してクロスが特殊だったからです。
この化学物質は、壁紙や床材に使用される軟質塩化ビニル樹脂系の可塑剤、
接着材・塗料・インキの可塑剤などに使われます。

もしかしてクロスが防虫剤と化学反応を起こして、このフタル酸ジー2-エチルへキシルが
大量に出てしまったのか・・・・。

ちょっと安直すぎるような気もしますし、、、まだまだ検証が必要です。💦



先日また空気質測定を行いました。

今回は少し特殊な測定です。

あるハウスメーカーのおウチで、15年もの間、浴室からの配管が無く
排水が流れ続けていたという物件です。

排水管の取り付けを忘れており、床下がずっと水浸しだったそうです。

15年点検で気が付いたそうですが、今までわからなかった事が残念
ですね。

家の周りの樹木の根っこが、外部から床下の水を求めて地下から這い
上がってきていたそうです。私は見ていませんが、想像するとすごい
ですね。


ま、その経緯があって、床下の空気質がどうなっているか調べて欲し
いとの依頼でした。
IMG_3498

IMG_3502

IMG_3501





主にジオキサンという物質。これはシャンプーや石鹸、洗剤に含まれる
界面活性剤を生成する時に出る副産物です。
急性毒性があり発がん性のある有毒物質です。
これが今回、この状況で出るのかどうかよくわかりませんが、とりあえず
心配なので床下を測定してみるという事です。

その他は、通常室内で測る厚生労働省の指針値が出ている13物質 
とT-VOCを測りました。


結果は、ジオキサンは出ませんでした。
その他は今、分析結果を待っています。

しかし、ありえない事ですが排水管を付け忘れるって事があるんですね。
ハウスメーカーさんにとってもお客様にとっても損害が大きいですね。
誰も得をしない。


施工管理はしっかりしないとダメだなとつくづく考えさせられました。

↑このページのトップヘ